雑誌に掲載された論文です。

  1. 投資された自由 〜レヴィナスの自由概念と会話における債権者−債務者関係〜
    科学史・科学哲学 20:41-58 (2007).
  2. Conventions and failure of communication
    科学哲学 43(1):1-14 (2010).
  3. ロビンソン・クルーソーは言葉を話せるか?
    科学史・科学哲学 23:69-80 (2010).
  4. オースティン「語る、とはいかなることか」再訪
    科学史・科学哲学 24:19-30 (2011).
  5. Incarnating Kripke's skepticism about meaning
    Erkenntnis 78(2):277-291 (2013).
    クリプキの意味の懐疑論を具現化する[日本語版]
  6. 認知行動療法家は何をしているのか
    信原幸弘・中山剛史編著 『精神医学と哲学の出会い』  玉川大学出版部 2013年 pp. 36-52.
  7. Irrationality and pathology of beliefs
    Neuroethics Online First:1-11.
    Postprint